ギタートーンをもっと輝かせること。プレイヤーがオーバードライブに求め続け、その探求を続ける理由はそこにあります。  Vintage Van Driving Is Very Funは、ギターサウンドのポテンシャルをさらに高みへと引き上げることのできるオーバードライブペダルです。  シングルコイルでジャキっとした質感を作り、ハムバッカーではくっきりとしたアタックが心地よい。まさに音の良いオーバードライブです。  存在感のある“良い音”でプレイすることは、何よりも大切なことです。良い音でギターを弾くと、自然と新しいフレーズが溢れ出てきた経験はありませんか?  また、音が良いとプレイに余計な力が入らず、これまでよりも良いステージができたことはありませんか?  楽しそうにギターを弾いていれば、それがオーディエンスにも伝わり、さらにプレイは盛り上がります。  良い音でプレイすることは、全てが好循環を生み出す潤滑剤となるのです。  だからこそ、良い音を求め、どこまでも歪みを探求し続ける旅に終わりは無いのかもしれません。    Vintage Van Driving Is Very FunをつないでONにすることは、ギターの音を“良くする”ことです。  広い帯域をしっかりと持ち上げ、クリーンブーストからミディアムなオーバードライブまで、常に最高のサウンドクオリティを作ることができます。  もはや、良いオーバードライブがアンプライクでハイレスポンスなトーンであることは当たり前となっています。Vintage Van Driving Is Very Funが同様の特性を持っていることは言うまでもありません。  倍音成分のトップエンドから、ギターサウンドの核であるミッドレンジ、そしてギタートーンを支えるローエンドまで、全ての帯域のバランスが良く、上質でありながら十分にワイルドなトーンを作る。そして、ギターやアンプのキャラクターをさらなる高みへと引き上げる。今のギタリストがオーバードライブペダルに求める、贅沢な要求に応えることのできる、数少ないペダルです。    BOOSTモードでは、アンプをプッシュして音を前に出す、クラシックなブーストスタイルはもちろん、それだけでなくお気に入りの歪みエフェクターをブーストしたり、デジタルアンプのトーンに深みを与えるような使い方も可能。  絶対的に音が良いペダルだからこそ、どんなセッティングでも良い音を引き出すことができるのです。
       
     
DSC01788.jpg
       
     
DSC01824.jpg
       
     
DSC01813.jpg
       
     
DSC01785.jpg
       
     
 ギタートーンをもっと輝かせること。プレイヤーがオーバードライブに求め続け、その探求を続ける理由はそこにあります。  Vintage Van Driving Is Very Funは、ギターサウンドのポテンシャルをさらに高みへと引き上げることのできるオーバードライブペダルです。  シングルコイルでジャキっとした質感を作り、ハムバッカーではくっきりとしたアタックが心地よい。まさに音の良いオーバードライブです。  存在感のある“良い音”でプレイすることは、何よりも大切なことです。良い音でギターを弾くと、自然と新しいフレーズが溢れ出てきた経験はありませんか?  また、音が良いとプレイに余計な力が入らず、これまでよりも良いステージができたことはありませんか?  楽しそうにギターを弾いていれば、それがオーディエンスにも伝わり、さらにプレイは盛り上がります。  良い音でプレイすることは、全てが好循環を生み出す潤滑剤となるのです。  だからこそ、良い音を求め、どこまでも歪みを探求し続ける旅に終わりは無いのかもしれません。    Vintage Van Driving Is Very FunをつないでONにすることは、ギターの音を“良くする”ことです。  広い帯域をしっかりと持ち上げ、クリーンブーストからミディアムなオーバードライブまで、常に最高のサウンドクオリティを作ることができます。  もはや、良いオーバードライブがアンプライクでハイレスポンスなトーンであることは当たり前となっています。Vintage Van Driving Is Very Funが同様の特性を持っていることは言うまでもありません。  倍音成分のトップエンドから、ギターサウンドの核であるミッドレンジ、そしてギタートーンを支えるローエンドまで、全ての帯域のバランスが良く、上質でありながら十分にワイルドなトーンを作る。そして、ギターやアンプのキャラクターをさらなる高みへと引き上げる。今のギタリストがオーバードライブペダルに求める、贅沢な要求に応えることのできる、数少ないペダルです。    BOOSTモードでは、アンプをプッシュして音を前に出す、クラシックなブーストスタイルはもちろん、それだけでなくお気に入りの歪みエフェクターをブーストしたり、デジタルアンプのトーンに深みを与えるような使い方も可能。  絶対的に音が良いペダルだからこそ、どんなセッティングでも良い音を引き出すことができるのです。
       
     

ギタートーンをもっと輝かせること。プレイヤーがオーバードライブに求め続け、その探求を続ける理由はそこにあります。

Vintage Van Driving Is Very Funは、ギターサウンドのポテンシャルをさらに高みへと引き上げることのできるオーバードライブペダルです。

シングルコイルでジャキっとした質感を作り、ハムバッカーではくっきりとしたアタックが心地よい。まさに音の良いオーバードライブです。

存在感のある“良い音”でプレイすることは、何よりも大切なことです。良い音でギターを弾くと、自然と新しいフレーズが溢れ出てきた経験はありませんか?

また、音が良いとプレイに余計な力が入らず、これまでよりも良いステージができたことはありませんか?

楽しそうにギターを弾いていれば、それがオーディエンスにも伝わり、さらにプレイは盛り上がります。

良い音でプレイすることは、全てが好循環を生み出す潤滑剤となるのです。

だからこそ、良い音を求め、どこまでも歪みを探求し続ける旅に終わりは無いのかもしれません。

Vintage Van Driving Is Very FunをつないでONにすることは、ギターの音を“良くする”ことです。

広い帯域をしっかりと持ち上げ、クリーンブーストからミディアムなオーバードライブまで、常に最高のサウンドクオリティを作ることができます。

もはや、良いオーバードライブがアンプライクでハイレスポンスなトーンであることは当たり前となっています。Vintage Van Driving Is Very Funが同様の特性を持っていることは言うまでもありません。

倍音成分のトップエンドから、ギターサウンドの核であるミッドレンジ、そしてギタートーンを支えるローエンドまで、全ての帯域のバランスが良く、上質でありながら十分にワイルドなトーンを作る。そして、ギターやアンプのキャラクターをさらなる高みへと引き上げる。今のギタリストがオーバードライブペダルに求める、贅沢な要求に応えることのできる、数少ないペダルです。

BOOSTモードでは、アンプをプッシュして音を前に出す、クラシックなブーストスタイルはもちろん、それだけでなくお気に入りの歪みエフェクターをブーストしたり、デジタルアンプのトーンに深みを与えるような使い方も可能。

絶対的に音が良いペダルだからこそ、どんなセッティングでも良い音を引き出すことができるのです。

DSC01788.jpg
       
     
DSC01824.jpg
       
     
DSC01813.jpg
       
     
DSC01785.jpg