Animals Pedal / Rust Rod Fuzz    アニマルズペダル / ラストロッドファズ    魅惑のエフェクター、ビッグマフ。 世界中のギタリストから愛されるそのサウンドは、音の壁と表現されることもあります。太く、分厚い倍音成分が迫りくるような音は、グランジやシューゲイザー、ヘヴィネスなど多くの楽曲で活躍しています。  音の壁のような重たい轟音と共に、繊細で伸びやかなリードトーンも大きな特徴です。特にディレイをかけてリードを弾けば、独特で陰鬱なUKプログレの狂気やラテンロックの伸びやかで太いトーンなど、歴史的な名演を支えたことでも知られています。  長い歴史の中で多くのデザインや機能の変更があり、それぞれが伝説を持つ。それゆえ多くのプレイヤーから愛されているのではないでしょうか。  Animals Pedal Rust Rod Fuzzは、数ある伝説の中でも特に人気の高い、70年代前半に制作された“ラムズヘッド”と呼ばれる時期のビッグマフを再現することができます。 他の時代と比べるとミッドが強く、メロウなトーンとして知られています。特に伸びやかなリードトーン、さらにTONEを高く設定すればジリジリした音となります。ジャンルを超え、世代を超えて愛される音色です。  本物のラムズヘッドは数も少なく高価で、愛好家でないと入手は難しいでしょう。Rust Rod Fuzzなら、世界中が求める伝説の音色を高い次元で再現することができます。      1974年製の“本物”は素晴らしい。Rust Rod Fuzzは、おそらくそれを超えた。もう、重たく大きなヴィンテージファズは必要ないだろう。 ───Marc Ahlfs (Skreddy Pedals)   Rust Rod Fuzzは、ヴィンテージファズペダルの中でも特に傑作として知られる、“ラムズヘッド”回路を再構成したペダルです。 巨大で強力なトーン、ギュッと絞られたミッドレンジ。70年代中期の分厚いファズサウンドと、粘性を持つような独特のレスポンスを併せ持つ鋭くアグレッシブなディストーションサウンドは、特にヘヴィなリフやコードでのプレイにも最適です。  太く、どこまでも続くようなサステインと、適度な粘り。ノブの調整範囲は、どの位置に設定しても最高のトーンを作ることが出来るよう調整され、ヴィンテージファズのスウィートポイントを安定していつでも取り出すことが出来ます。特にToneノブは中央付近に設定すれば、すぐにベストなトーンを作ることが出来るよう調整されています。プレイヤーは機材や好みに合わせて微調整をするだけです。  Rust Rod Fuzzは、ホットでモダンな音ではなく、スムースでオールドスクールな魅力のあるファズペダルです。ヴィンテージトーンを知り尽くしたSkreddy Pedalsならではのサウンドです。  ●コントロール Volume:音量を調整します。 Tone:高域成分を中心に、音色をコントロールします。 Sustain:ファズの歪みの強さやサステインの長さを調整します。  Rust Rod Fuzzはトゥルーバイパスフットスイッチを採用し、9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。  ※電池をご使用になる際、エフェクターを保管する時は電池の消耗を抑えるためにインプットジャックからプラグを抜いておいてください。また、長期間ご使用にならない際は電池を外して保管してください。     Animals Pedal × Skreddy Pedals  細部にまで徹底的にこだわり抜いたペダル。Skreddy PedalsのMarc Ahlfsが制作するヴィンテージトーンは、世界中のプレイヤーが渇望する、一度味わうと忘れられない、感動的なサウンドを作り続けてきました。 圧倒的なサウンドを作るSkreddy Pedalsのエフェクトは、ヴィンテージパーツやレアなパーツを惜しみなくつぎ込む、贅を尽くした作りでも知られていました。そのため、どうしても数を作ることが出来ませんでした。  誰もが認める最高品質のサウンドを、もっと多くの人に届けたい。 それを実現させるため、Animal Pedalsでは、ビルダーのMarc Ahlfsの設計、監修によるペダルをリリースすることになりました。 もはや伝説的な存在ですらある、Skreddy Pedalsの名前を載せる以上、そのサウンドも妥協のないものでなければならない。汎用のパーツで、Skreddy Pedalsの音を作ることが出来るのか、当初は不安もありました。  完成したペダルの音を聞いた瞬間、そんな不安は吹き飛んでしまいました。奥の奥まで丁寧に設計されたMarc Ahlfsの作品は、やはり圧倒的で最高品質のサウンドクオリティを実現していました。それも、完全にSkreddy Pedalsの音です。 ヴィンテージパーツやレアなパーツは一切使用せずとも、掛け値なしに最高の音色を作ることができる。Animals PedalとSkreddy Pedalsのコラボレートが、エフェクターの世界に新たな可能性を示します。    種類ファズ(ギター用)  アダプター9Vセンターマイナス  電池駆動9V電池  コントロールVOLUME、TONE、SUSTAIN
       
     
       
     
n1dlll-8.jpg
       
     
       
     
animal-2.jpg
       
     
animal-3.jpg
       
     
animal-6.jpg
       
     
animal-7.jpg
       
     
  Animals Pedal / Rust Rod Fuzz    アニマルズペダル / ラストロッドファズ    魅惑のエフェクター、ビッグマフ。 世界中のギタリストから愛されるそのサウンドは、音の壁と表現されることもあります。太く、分厚い倍音成分が迫りくるような音は、グランジやシューゲイザー、ヘヴィネスなど多くの楽曲で活躍しています。  音の壁のような重たい轟音と共に、繊細で伸びやかなリードトーンも大きな特徴です。特にディレイをかけてリードを弾けば、独特で陰鬱なUKプログレの狂気やラテンロックの伸びやかで太いトーンなど、歴史的な名演を支えたことでも知られています。  長い歴史の中で多くのデザインや機能の変更があり、それぞれが伝説を持つ。それゆえ多くのプレイヤーから愛されているのではないでしょうか。  Animals Pedal Rust Rod Fuzzは、数ある伝説の中でも特に人気の高い、70年代前半に制作された“ラムズヘッド”と呼ばれる時期のビッグマフを再現することができます。 他の時代と比べるとミッドが強く、メロウなトーンとして知られています。特に伸びやかなリードトーン、さらにTONEを高く設定すればジリジリした音となります。ジャンルを超え、世代を超えて愛される音色です。  本物のラムズヘッドは数も少なく高価で、愛好家でないと入手は難しいでしょう。Rust Rod Fuzzなら、世界中が求める伝説の音色を高い次元で再現することができます。      1974年製の“本物”は素晴らしい。Rust Rod Fuzzは、おそらくそれを超えた。もう、重たく大きなヴィンテージファズは必要ないだろう。 ───Marc Ahlfs (Skreddy Pedals)   Rust Rod Fuzzは、ヴィンテージファズペダルの中でも特に傑作として知られる、“ラムズヘッド”回路を再構成したペダルです。 巨大で強力なトーン、ギュッと絞られたミッドレンジ。70年代中期の分厚いファズサウンドと、粘性を持つような独特のレスポンスを併せ持つ鋭くアグレッシブなディストーションサウンドは、特にヘヴィなリフやコードでのプレイにも最適です。  太く、どこまでも続くようなサステインと、適度な粘り。ノブの調整範囲は、どの位置に設定しても最高のトーンを作ることが出来るよう調整され、ヴィンテージファズのスウィートポイントを安定していつでも取り出すことが出来ます。特にToneノブは中央付近に設定すれば、すぐにベストなトーンを作ることが出来るよう調整されています。プレイヤーは機材や好みに合わせて微調整をするだけです。  Rust Rod Fuzzは、ホットでモダンな音ではなく、スムースでオールドスクールな魅力のあるファズペダルです。ヴィンテージトーンを知り尽くしたSkreddy Pedalsならではのサウンドです。  ●コントロール Volume:音量を調整します。 Tone:高域成分を中心に、音色をコントロールします。 Sustain:ファズの歪みの強さやサステインの長さを調整します。  Rust Rod Fuzzはトゥルーバイパスフットスイッチを採用し、9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。  ※電池をご使用になる際、エフェクターを保管する時は電池の消耗を抑えるためにインプットジャックからプラグを抜いておいてください。また、長期間ご使用にならない際は電池を外して保管してください。     Animals Pedal × Skreddy Pedals  細部にまで徹底的にこだわり抜いたペダル。Skreddy PedalsのMarc Ahlfsが制作するヴィンテージトーンは、世界中のプレイヤーが渇望する、一度味わうと忘れられない、感動的なサウンドを作り続けてきました。 圧倒的なサウンドを作るSkreddy Pedalsのエフェクトは、ヴィンテージパーツやレアなパーツを惜しみなくつぎ込む、贅を尽くした作りでも知られていました。そのため、どうしても数を作ることが出来ませんでした。  誰もが認める最高品質のサウンドを、もっと多くの人に届けたい。 それを実現させるため、Animal Pedalsでは、ビルダーのMarc Ahlfsの設計、監修によるペダルをリリースすることになりました。 もはや伝説的な存在ですらある、Skreddy Pedalsの名前を載せる以上、そのサウンドも妥協のないものでなければならない。汎用のパーツで、Skreddy Pedalsの音を作ることが出来るのか、当初は不安もありました。  完成したペダルの音を聞いた瞬間、そんな不安は吹き飛んでしまいました。奥の奥まで丁寧に設計されたMarc Ahlfsの作品は、やはり圧倒的で最高品質のサウンドクオリティを実現していました。それも、完全にSkreddy Pedalsの音です。 ヴィンテージパーツやレアなパーツは一切使用せずとも、掛け値なしに最高の音色を作ることができる。Animals PedalとSkreddy Pedalsのコラボレートが、エフェクターの世界に新たな可能性を示します。    種類ファズ(ギター用)  アダプター9Vセンターマイナス  電池駆動9V電池  コントロールVOLUME、TONE、SUSTAIN
       
     

Animals Pedal / Rust Rod Fuzz

アニマルズペダル / ラストロッドファズ


魅惑のエフェクター、ビッグマフ。
世界中のギタリストから愛されるそのサウンドは、音の壁と表現されることもあります。太く、分厚い倍音成分が迫りくるような音は、グランジやシューゲイザー、ヘヴィネスなど多くの楽曲で活躍しています。

音の壁のような重たい轟音と共に、繊細で伸びやかなリードトーンも大きな特徴です。特にディレイをかけてリードを弾けば、独特で陰鬱なUKプログレの狂気やラテンロックの伸びやかで太いトーンなど、歴史的な名演を支えたことでも知られています。

長い歴史の中で多くのデザインや機能の変更があり、それぞれが伝説を持つ。それゆえ多くのプレイヤーから愛されているのではないでしょうか。

Animals Pedal Rust Rod Fuzzは、数ある伝説の中でも特に人気の高い、70年代前半に制作された“ラムズヘッド”と呼ばれる時期のビッグマフを再現することができます。
他の時代と比べるとミッドが強く、メロウなトーンとして知られています。特に伸びやかなリードトーン、さらにTONEを高く設定すればジリジリした音となります。ジャンルを超え、世代を超えて愛される音色です。

本物のラムズヘッドは数も少なく高価で、愛好家でないと入手は難しいでしょう。Rust Rod Fuzzなら、世界中が求める伝説の音色を高い次元で再現することができます。





1974年製の“本物”は素晴らしい。Rust Rod Fuzzは、おそらくそれを超えた。もう、重たく大きなヴィンテージファズは必要ないだろう。
───Marc Ahlfs (Skreddy Pedals)


Rust Rod Fuzzは、ヴィンテージファズペダルの中でも特に傑作として知られる、“ラムズヘッド”回路を再構成したペダルです。
巨大で強力なトーン、ギュッと絞られたミッドレンジ。70年代中期の分厚いファズサウンドと、粘性を持つような独特のレスポンスを併せ持つ鋭くアグレッシブなディストーションサウンドは、特にヘヴィなリフやコードでのプレイにも最適です。

太く、どこまでも続くようなサステインと、適度な粘り。ノブの調整範囲は、どの位置に設定しても最高のトーンを作ることが出来るよう調整され、ヴィンテージファズのスウィートポイントを安定していつでも取り出すことが出来ます。特にToneノブは中央付近に設定すれば、すぐにベストなトーンを作ることが出来るよう調整されています。プレイヤーは機材や好みに合わせて微調整をするだけです。

Rust Rod Fuzzは、ホットでモダンな音ではなく、スムースでオールドスクールな魅力のあるファズペダルです。ヴィンテージトーンを知り尽くしたSkreddy Pedalsならではのサウンドです。

●コントロール
Volume:音量を調整します。
Tone:高域成分を中心に、音色をコントロールします。
Sustain:ファズの歪みの強さやサステインの長さを調整します。

Rust Rod Fuzzはトゥルーバイパスフットスイッチを採用し、9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。

※電池をご使用になる際、エフェクターを保管する時は電池の消耗を抑えるためにインプットジャックからプラグを抜いておいてください。また、長期間ご使用にならない際は電池を外して保管してください。




Animals Pedal × Skreddy Pedals

細部にまで徹底的にこだわり抜いたペダル。Skreddy PedalsのMarc Ahlfsが制作するヴィンテージトーンは、世界中のプレイヤーが渇望する、一度味わうと忘れられない、感動的なサウンドを作り続けてきました。
圧倒的なサウンドを作るSkreddy Pedalsのエフェクトは、ヴィンテージパーツやレアなパーツを惜しみなくつぎ込む、贅を尽くした作りでも知られていました。そのため、どうしても数を作ることが出来ませんでした。

誰もが認める最高品質のサウンドを、もっと多くの人に届けたい。
それを実現させるため、Animal Pedalsでは、ビルダーのMarc Ahlfsの設計、監修によるペダルをリリースすることになりました。
もはや伝説的な存在ですらある、Skreddy Pedalsの名前を載せる以上、そのサウンドも妥協のないものでなければならない。汎用のパーツで、Skreddy Pedalsの音を作ることが出来るのか、当初は不安もありました。

完成したペダルの音を聞いた瞬間、そんな不安は吹き飛んでしまいました。奥の奥まで丁寧に設計されたMarc Ahlfsの作品は、やはり圧倒的で最高品質のサウンドクオリティを実現していました。それも、完全にSkreddy Pedalsの音です。
ヴィンテージパーツやレアなパーツは一切使用せずとも、掛け値なしに最高の音色を作ることができる。Animals PedalとSkreddy Pedalsのコラボレートが、エフェクターの世界に新たな可能性を示します。
 

種類ファズ(ギター用)

アダプター9Vセンターマイナス

電池駆動9V電池

コントロールVOLUME、TONE、SUSTAIN

       
     
Animals Pedal Rust Rod Fuzz

The Big Muff is a captivating effects pedal.
This sound is loved by guitarists all over the world, and can also make a wall of sound. It has heavy, thick harmonic components with a looming sound that gets used in many grunge, shoe gazer, and heavy songs.

Its main characteristics are a gentle, subtle lead tone together with a heavy roaring wall of sound. Especially if you play the lead with delay, it is known for supporting famous historical performances including the madness of the unique, dark UK Progressive Rock and thick gentle tones of Latin Rock.

Over its long history there have been many changes in design and function, each with their own legend. That may be why it is so loved by musicians.

The Animal Pedal Rust Rod Fuzz is a recreation of the Big Muff, the most popular among numerous legends, referred to as Ram’s Head during the early 70s when it was made.
Compared to other eras, the mid is rather strong, and it is known for its mellow tone. Particularly, the gentle lead tone, and by setting the TONE high you can make a scratchy noise. This tone is so loved that it transcends genre and era.

Very few real Ram’s Heads were made, and they are so expensive that it’s difficult for all but real aficionados to get their hands on them. With the Rust Rod Fuzz, you can recreate that legendary sound that is sought throughout the world at a high level.

The 1974 original is just amazing. And now the Rust Rod Fuzz surpassed it. Now there’s no need to carry around those big heavy vintage fuzz pedals.
───Marc Ahlfs (Skreddy Pedals)

The Rust Rod Fuzz is a pedal that reconstructs the circuits of the Ram’s Head, the most highly regarded of the vintage fuzz pedals.
It’s a huge strong tone with a tightly compressed mid range. The sharp, aggressive distortion sound possesses both the massive fuzz sound of the mid 70s and a viscous unique response is ideal for songs that have heavy riffs and chords.

The sound is thick and goes on and on with just the right amount of viscosity. The range of knob adjustment is such that whatever setting you put it at, you can make the greatest tones, as it is stabilized so that you always can get that vintage fuzz sweet spot. It is set to the central area so you get the best tones right away. Musicians just need to connect a device and set it as they like.

The Rust Rod Fuzz is a fuzz pedal that doesn’t just make hot modern sounds, it also makes great, smooth, old school tones. This is the sound you expect to get from Skreddy Pedals, masters of vintage tones.

Control
Volume: Adjusts the volume.
Tone: Adjusts the tone centered on the high frequency.
Sustain: Adjusts the strength and duration of the fuzz distortion.

The Rust Rod Fuzz has integrated a true bypass foot switch and runs on a 9V battery or a standard center minus DC9V adapter.


When using a battery, remove the plug from the input jack when storing it to prevent the battery from draining. When not using it for a prolonged period of time, remove the battery prior to storage.


Animals Pedal × Skreddy Pedals

This pedal sticks exclusively to the fine points. The vintage tone produced by Marc Ahlfs of Skreddy Pedals has continued to make an emotional sound that players around the world crave as once they’ve gotten a taste it is unforgettable.
The effect of Skreddy Pedals, which creates these overwhelming sounds was also known for making luxurious vintage parts and rare parts sparing nothing. For that reason it was impossible for them to make many of them.

We want to bring the highest quality sound that everyone recognizes to more people.
At Animals Pedal, in order to realize this, a pedal was released under the supervision and design of the builder Marc Ahlfs.
By putting the Skreddy Pedals name on it, which is already legendary, there needs to be no compromising with the sound. We were uneasy at first about the possibility of being able to create a Skreddy Pedals sound with normal parts.
 

 But the moment we first heard the sound of the finished pedal, all doubt disappeared. The product carefully designed in detail by Marc Ahlfs was overwhelming in its production of the highest quality sound. It was completely a Skreddy Pedals sound.
Even without using any vintage or rare parts they were really able to produce the ultimate sound. This collaboration between Animal Pedal and Skreddy Pedals has shown us new possibilities in the effect pedal world.

Overdrive type (for guitars)

Center minus 9V adapter

n1dlll-8.jpg
       
     
       
     
Animals Pedal | Rust Rod Fuzz [Designed by Skreddy Pedals] - demo by Jake Cloudchair
animal-2.jpg
       
     
animal-3.jpg
       
     
animal-6.jpg
       
     
animal-7.jpg