【ブログ】あの人気リバーブが帰ってきました!Animals Pedal Bath Time Reverb! / by LEP INTL

24.jpg

可愛いデザインと本格サウンドで人気の高いリバーブペダルが、Animals Pedalとなって帰ってきました。

Animals Pedal Bath Time Reverbは、ギターのトーンに彩りと奥行きを加える、スタンダードなリバーブエフェクトペダルです。
3種類のリバーブサウンドを選択し、好みや楽曲に合わせて設定することができます。

MIXノブでドライ(原音)とウェット(エフェクト音)のバランスを調整します。このノブを時計回りに回すほどウェットが強くなり、バスルームの中のような音になります。最大に設定すると、小さなアタックから音が一気に広がり、まるでストリングスのような美しい音色を作ることができます。

TIMEノブで、リバーブの残響の伸びる時間を設定します。短く設定すれば小さめの空間での軽い残響に、長く設定すれば大聖堂、さらに宇宙空間のような広大な空間のような幻想的な残響が響き渡ります。

中央のトグルスイッチで、リバーブの音色を切替えることが出来ます。スイッチのポジションが上から順に、大きなホールの響きのような、リッチなHALL、クラシックなサーフミュージックなどでも多用された、大きなアンプに搭載されるスプリングリバーブを再現するSPRING、ライブハウスやスタジオなど、小さめの空間での残響をイメージさせるROOMを選ぶことができます。

●リバーブエフェクトとは

リバーブは、ギターサウンドにランダムな設定をしたディレイをかけ、本物の空間を音が反響するように、複雑な音の反射をシミュレートするエフェクトです。一般的に、ギターエフェクトで“エコー”といえばディレイエフェクトですが、カラオケなどの“エコー”はリバーブエフェクトです。
音の空間的な広がりを作ることを目的としたエフェクトで、古くはリバーブルームという残響だけのために用意された部屋を使って音の広がりをつくっていました。
その後、コンパクトなサイズで音の広がりを作るため、1m×2m程度の金属の薄い板を使ったプレートリバーブが開発されます。これは世界中のスタジオに装備されました。
本物の空間は専用の部屋を使うことを考えればコンパクトとはいえ、1m×2mのサイズは場所を取るため、リバーブエフェクトのコンパクト化はさらに進められました。
アナログのリバーブエフェクトとして最も良く知られているのがスプリングリバーブです。バネの揺れを音に加え、擬似的に音に残響を加えることで音に広がりを持たせるもので、多くのギターアンプなどに搭載されました。特にサーフミュージックで好まれ、ヴェンチャーズなど多くの名盤でその音を聴くことができます。
さらに時代が進み、デジタルディレイが登場すると、その技術を応用したデジタルリバーブが作られます。これが今の一般的なリバーブペダルです。
かつて部屋そのものを使って作っていた音の広がりは、今ではBATH TIME REVERBのような手のひらサイズの機材で作ることができるようになりました。

Bath Time Reverbは、ギタリストが最も必要とする3種類のリバーブサウンドを選択できます。
どんなフレーズにどんなリバーブをかけるのも全て自由で、是非いろいろお試しになり、楽しんでいただければと思いますが、簡単な使い方として、ロック系のジャンルではスイッチをROOMに合わせ、MIXとTIMEは最小~中央あたりまでの範囲に設定してみてください。
バラードなどスローテンポな楽曲ではHALLを選択し、ゴージャスな音の広がりを存分に味わってみましょう。
サーフミュージックやサザンロック、クラシックロックなどでは当時のアンプに使われていたスプリングリバーブのサウンドを作るSPRINGを選んでみましょう。

フットスイッチはトゥルーバイパス。9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。消費電流が多いため、アダプターでの駆動を推奨します。

デザインはオーストラリアで活動するサーフアート画家Jonas Claesson氏が担当。
リバーブ効果を普段一番感じることができるバスルームをデザインに落とし込みました。バスルームとホッキョクグマのアンバランスなデザインをお楽しみください。

消費電流:140mA
インプットインピーダンス:500k ohm
アウトプットインピーダンス:10k ohm